馬と豚のプラセンタはどちらがいいの?

答えは馬です。

 

 

 

馬のプラセンタが大変貴重なもの。
1度で1頭の馬が産む子牛は1頭と言われています。
豚はというと、1度で10頭前後の子供を産みます。

 

複数産まれる豚の胎盤は薄く約3sなのに対して、馬の胎盤は約7sあり、しっかりとした状態で誕生します。
それだけに希少価値があるため、その分、原料費が高く一般的に価格も高くなります。
特にサラブレッドともなると希少価値が高いです。

 

豚プラセンタを選びたい場合は、「デンマーク産の豚」や「SPF豚」などがおすすめ。
これらは品質・安全性が高いことで評価されています。

 

なんといっても栄養価が高い!

 

タンパク質の基となるアミノ酸の量も豚プラセンタの296倍とケタ違いの量です。

 

 

プラセンタには多くのアミノ酸がふくまれていますが、
アミノ酸含有量は豚より馬のプラセンタの方が多いという結果がでています。
また、馬プラセンタには、豚プラセンタには含まれていない必須アミノ酸が6種類(イソロイシン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン・ロイシン)含有されています。
これらの必須アミノ酸は、体内で生成されないため外からの補給が必要な栄養素です。

 

馬プラセンタのほうが豚プラセンタよりも
栄養価が高くより健康や美容効果を実感できるといわれる理由です。

 

馬プラセンタが希少価値が高いので豚よりも価格が高いというのが難点ですが、
効果を考えたら断ぜん馬プラセンタをおすすめします!

 

馬プラセンタを選ぶなら断ぜんエイジングリペアがおすすめ!

今なら定期コース初回半額キャンペーン中

 

 

他にもたくさん馬のプラセンタがありますが、
割とお値打ちでな馬のプラセンタでへその緒のエキスが配合されたプラセンタサプリがあります。

 

母の滴というプラセンタ専門店のサプリメンとも人気がありますよ。

 

母の滴プラセンタEXの詳細ついてはこちら