プラセンタが不妊治療に使われてるって本当?

はい。本当です。

 

プラセンタは産婦人科での不妊治療に使用されています。

 

とはいっても卵子の老化を抑える効果や排卵の誘発をする不妊治療そのもののような効果はありませんが、
ホルモンバランスを整える効果や子宮内の膜を増加し精子を着床しやすくする作用があります。

 

つまりプラセンタには「妊娠しやすい体」を作ることに効果を発揮するといえます。

 

 

プラセンタは更年期障害の治療にも使われています。
女性ホルモンの増殖に関係していることがわかりますね。
実際にわたしも2ヶ月に1回しかなかった生理が
毎月ぴったりくるようになったんですから。
妊娠するためには排卵のタイミングをみる必要があるので
プラセンタ摂取による妊娠しやすい体作りは不妊に効果的だといえますね。